南阿蘇のキッチンカー『Minaaso マルデン 』~おいしい 赤牛ローストビーフとキーマカレー

南阿蘇のキッチンカー「マルデン」で昼食を!


2017年8月よりキッチンカーで営業を再開されている赤牛のローストビーフカレーが有名な『マルデン』さんをご紹介します!
TVや雑誌等でも紹介されていて、南阿蘇にある久木野(くぎの)キャンプ場内の木漏れ日溢れる癒し空間の中、ステキなオーナーご夫妻が営まれています

阿蘇大橋のたもとにあった店舗は熊本地震で被災されて無くなったそうですが、キッチンカー『Minaa
so(ミナーソ)マルデン』で営業を再開されました。現在は南阿蘇久木野キャンプ場内で基本営業をされていますが、イベント等に出店されることもあるようです。
冬期は別の場所で営業されていました
が、H31.4.13(土)から、またここ久木野キャンプ場での営業を再開されました❣ ※以下、今春の情報も載せています!(H31.4.13訪問)

マルデンさんで人気だった赤牛のステーキカレーを「赤牛のローストビーフカレー」として復活されたようです!限られた条件の中でも、
人気の味を再びお届けしようという工夫と熱意も伝わってくる一品です!! 赤牛の「ランイチ」というお尻の部位が使われているローストビーフは柔らかく美味しく仕上がっています。阿蘇の野菜が溶け込んだ旨味のきいたキーマカレーのひき肉も赤牛だそうです。

現在、ローストビーフは枚数注文・はかり注文をされていて、キーマカレーと合わせる感じになっています。以前の3枚入っていた形で注文すると1000円前後で、グラム数で変わるようです。私が頼んだ2回は980円と920円でした❣ その日の気分で枚数を指定できるのはいいですね!※もちろん、キーマカレーのみの注文もできます!

お持ち帰りもできます(※夏の暑い時期などは持ち帰りを控えて頂く場合もあるそうなのでご確認ください!)、キャンプ場内の癒し空間でゆっくり頂くのもおススメです!トイレもキッチンカーの後ろにある建物の中にありますので安心です!


場内にラブチェアーが登場していました二人で座ると傾きで引っ付いちゃうってことでしょうか?(笑)

4月のこの時期はかわいい春リンドウがさいていますよ❣
夏に登場するかき氷も人気だとか…。ぜひ、マルデンさんのローストビーフカレーを味わいながらお昼の素敵な時間を過ごされてみてはいかがでしょうか?メニューや値段等は変更もあるかと思いますのご確認ください!(2019.4.13現在

南阿蘇久木野キャンプ場

マルデンのオーナーさんも所属する「アウトドアクラブ南阿蘇knot」が「南阿蘇久木野キャンプ場」も管理されています。オーナーさんにデイキャンプを申し込んで食後のコーヒーをゆっくり味わったり、キャンプ場を散策してみました!
デイキャンプ300円です!安いですね!


好きな場所に即席カフェを…(笑)
今回は水汲みに出かけた後だったので、まだ冷たいその湧水を沸かしてコーヒーを入れました!
やはりこの癒し空間で頂くコーヒーは最高でした。南阿蘇で水を汲んでココでコーヒーを頂く流れが定着しそうです

キャンプ場の入り口の看板と駐車場です。左の木はトトロに見える?とも言われているとか…
営業時間     木曜~日曜日(12:00~16:00)
facebook ➡ Minaaso マルデン ※出店情報や臨時休業等も確認できるようです!
キャンプ場の情報はこちらをクリック ➡ アウトドアクラブ南阿蘇knot(ノット) HP
アクセス
西原村方面からは県道28号線(熊本高森線)を俵山トンネル、南阿蘇トンネルと抜けてしばらく進み、写真の案内図の交差点を右折します。
※グリーンピア南阿蘇方面、アスペクタ方面です!


右折して道なりに1Kmほど進むと、左に閉校した久木野中学校の体育館などが見えてきます。右に赤い自販機もある横断歩道の交差点を左折です!

横断歩道に近づくと「久木野キャンプ場」と「マルデン」の黒い案内板も見えます! 左折です!

左折した奥にキャンプ場があります。写真左奥に白い小さい看板が見える所が駐車場です!

大津町方面からは、2017.8.27に開通した長陽大橋ルートからも来られるようになっています。長陽大橋を渡って崖沿いの坂を上った所の信号を右折して高森方面へ国道325号線を進み、途中で右折して県道149号線を進めば、上のアクセス最初の写真と同じ交差点に左から出てきます。
こちらからはこの交差点を直進になります。後の進み方は上と同じです!

あくまでもアクセスの例です。自分のいる場所からナビや地図、案内看板等を確認して、ゆっくり安全運転で行きましょう
Map ※久木野キャンプ場でマルデンさんが営業されています!

が小学生の時(かなり昔…笑)、このキャンプ場からきれいな沢と滝つぼがある所まで歩いたことがあります。当時サッカー部のみんなではしゃいだ記憶があるのですが、その場所が「恐ヶ淵(おそろしがふち)」という場所であると分かったのはずいぶんと後の事でした!
以前の記事 南阿蘇を訪ねて…羅漢岩、グリーンロード南阿蘇、恐ヶ淵…」で紹介しています!