南阿蘇を訪ねて…羅漢岩、グリーンロード南阿蘇、恐ヶ淵…

羅漢岩


今回は南阿蘇にあるお気に入りのスポットをご紹介します。まず、熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陰(かいん)にある羅漢山(らかんざん)の奇岩で、羅漢岩とも言われています。3月には一帯で野焼きも行われ、また違った表情を見せます。

トルコのカッパドキアのようだとか、中国の山水画のようだとかも言われているようです。写真は羅漢岩の下を通る道から撮ったものです。この道をもう少し進むとまた後でご紹介する「恐ヶ淵」(おそろしがふち)があります。
この羅漢岩は、グリーンロード南阿蘇(益城町から南阿蘇村を結ぶ広域農道)からも遠目に見ることができます!

グリーンロード南阿蘇は最近では「ケニーロード」とも呼ばれていて、多くのライダーたちから愛されるとなっているようです。ケニーとはロードバイクの世界でとても有名なケニー・ロバーツさんからきています。2015.10.1に、グリーンロード南阿蘇の一部区間がケニーロードとしてに正式に認められたそうです。

グリーンロード南阿蘇には東屋付きの展望所が2ヶ所あります。どちらにもケニーロードと書かれた看板が立っていました。こちらは南郷谷(なんごうだに)を望む展望所。看板の足の部分にはバイクの部品が使われているとか…ライダーさんが教えてくれました。ここから左の方に羅漢岩を見ることができます!
ちなみに熊本市側を望む展望所からの景色ははこちら!

きれいな夜景を見ることもできます。車に乗ったままでも楽しめますのでおススメですよ!!

恐ヶ淵

さて、羅漢岩を右に見てもう少し進むと、水の流れる音が聞こえてきます。小さな橋を渡らずに右に入ると恐ヶ淵(おそろしがふち)の駐車場です。※草地の駐車場です! 詳しいアクセスは最後に載せておきます!!駐車場から奥に向かって少し歩いた所にある実際の「恐ヶ淵」がこちら!

落差5m程の小さな滝と滝つぼです。太陽光が差し込んでも岩と木々に囲まれた空間には神秘的でどこか妖しい雰囲気も漂っています。
それは、ここに伝わるこんな伝説からきているのかもしれません…

ちょっとこわい伝説ですね 看板にもありますが、平成22年に熊本県平成の名水百選に選ばれています。

この日は晴れの日が続いていたせいか、滝の水もかなり少なくなっていました。滝つぼの手前にも、お風呂?のようなくぼみがあります。よく見ると魚も泳いでいました。意外と水深があり、メジャーで計ったら1m20cmほどありました。お気をつけください!! 奥の滝つぼはかなり深いと思われますのでくれぐれもご注意ください!!

帰りに姿を見せてくれたミヤマカワトンボ!腹部の青味がかった光沢色がきれいです!

★羅漢岩・恐ヶ淵へのアクセス

西原村方面から県道28号線(熊本高森線)を俵山トンネル、南阿蘇トンネルと抜けてしばらく進み、写真の案内図の交差点を右折します。※アスペクタ、グリーンピア南阿蘇方面です!
道なりに進むと、右に南あそ温泉郷の看板や左に閉校した久木野中学校の体育館などが見えてきます。


そのまま進んでアスペクタの方へは行かずに、上の写真のクラブカフェギャラリーなどの看板がたくさんある所で右方向(矢印)に進みます。カフェ等が点在する別荘地風の雰囲気の道を進むと杉林のひっそりとした道になります。

ひらけると右にまず羅漢岩が見えてきます!道しるべの案内も出てきますので、そのまま道なりに進むと恐ヶ淵に着きます!

この道しるべをそのまま道なり(左側)に恐ろしヶ淵、グリーンロード方面へ進みます。

草地の駐車場です!! ここから奥に2,3分も歩けば恐ヶ淵に着きます。
幅が狭めなので車を切り返す場合(方向転換)は慎重にこまめに行いましょう!

●Map

グリーンロード南阿蘇(ケニーロード)は、西原村の阿蘇ミルク牧場の近くから南阿蘇村の熊本県野外牧場アスペクタ付近を結ぶ道路を探されてみてください。写真は阿蘇ミルク牧場近くからの入り口です!