マルデンさんの新店舗がグランドオープン❣

新型コロナの影響でオープンが2度も延期になったのは残念でしたが…新店舗前の駐車場で始められていたテイクアウト営業で、またキッチンカーに出会えたのはうれしいものでした  こちらはテイクアウト(ローストビーフちらし寿司)でお邪魔した時の写真で、後ろのウッディな建物が新店舗です!※テイクアウトは6月7日で終了しています!


2020年6月12日(金) ついに『スキレット料理 Minaaso マルデン』グランドオープンを迎えられました

マルデンさんの入り口では素敵なオブジェのような看板 が出迎えてくれます!

新店舗前にはしっかりキッチンカーの姿も…❣ これまでオーナーさん達と一緒に走って来たキッチンカーもどこか誇らしげです☺

現在、予約優先で営業されています。
※アルコール消毒液の設置やスタッフさんのマスク着用、お客さんの入れ替え時の清掃、大きな窓もありますので店内の換気等、新型コロナウィルス対策もしっかり取られているようです。
さあ、店内へ
カウンター席とテーブル席があります。

窓際の席からは、広いウッドデッキや南阿蘇の風景も見渡せます。

ウッドデッキには木陰もあり気持ち良さそうです

セッティングも進み、2種類のソースやフレーク状の塩などに興味津々です。期待感も高まりながら待っていると…

店内のモニターでは、マルデンさんの新店舗が出来上がっていく様子や南阿蘇の魅力が伝わる素敵な映像が流されていて、待ち時間も楽しめました❣
今回ご紹介するメニューは
あか牛ランイチステーキカレー (2,900円税別)

メニューには、マルデンのこだわりを一度に味わう創業以来の人気メニュー とあります。キッチンカーの時のローストビーフカレーはこれを踏襲して工夫されたのかなあ?と感じ、楽しみにしていた一品です!

見事なインパクトで、キッチンカーのローストビーフにも使われていたランイチのお肉は、もちろんステーキでも抜群でした♥  創業からのマルデン特製ソースやフレーク状の塩で味変も楽しめます。レモンの上にあるのは西洋わさびでした。

ストウブのおしゃれな鍋に入っていたのはカレーで、あか牛のすね肉がゴロンと入ったマルデンカレーをたっぷり楽しむ事ができます。添えてあるソースを混ぜると、甘みが増してフルーティーな感じに
食後の珈琲の時に、アメリカンチェリーがのったブリュレが出てきました。何とサービスで出されているようです❣ デザートに何が出るか分かりませんがうれしいですね。 別な日に訪れた時には、ブルーベリーソースのかかったパンナコッタが出てきました。
新店舗の場所は
熊本市内方面からだと、国道57号線を阿蘇方面に進み、長陽大橋を渡って南阿蘇へ入ります。橋を渡って崖沿いの道を上っていくと信号のある栃木(とちのき)交差点にでます。その交差点をそのまま直進して阿蘇山上や阿蘇ファームランド方面に向かう県道299号線の途中で左折した所にあります。※左折するポイントにスキレット型のマルデンさんの案内看板があります!

私が訪れた時はこの看板を2つ見つけたので2回左折してお店に着きました。※詳しくはマルデンさんのホームページにいろいろな方面からのアクセス方法写真付きで載せてありますのでそちらをご覧ください。予約の方法お知らせメニュー等も詳しく確認できます! しばらくは予約優先の営業となるそうです。※マルデンさんのHPから予約する形です!※9月1日よりカフェタイムもスタートしているようです
こちらをクリック ➡ マルデンさんのHP
素敵な景色を
入口の看板の横を通って砂利の駐車場に入ると、すぐ下には田んぼが広がり、遠くには阿蘇の南外輪山や俵山方面の風景を見渡せます。マルデンさんのお米は、こちらの田んぼでとれたアキゲシキ米だそうです。
敷地奥には、まだこれから手を加えていかれるという広場も広がっています。下の写真は広場の高台から撮ったものです。阿蘇五岳(あそごがく)の内の2つの山、杵島岳烏帽子岳が見られます。阿蘇五岳は涅槃像(ねはんぞう)に例えられる姿が有名ですが、この角度から眺めるのもなかなかですね2つの山のちょうど間くらいの所に、有名な草千里があるそうです。


ついにオープンした『スキレット料理 Minaaso マルデン』さん❣ 店内はたくさんのお祝いの花々等で溢れていて、多くの皆さんに愛され、楽しみにされていたことが伝わってきます。今後もいろんな展開を考えておられるそうですので目が離せませんね! 奥の広場がどんな風になっていくのかも楽しみな所です。素敵なロケーションと料理を求めて、南阿蘇へのお出かけはいかがでしょうか?

Map