熊本でビーチグラス(シーグラス)&貝殻探し!

今回訪れたのは、道の駅「有明」通称リップルランドの下に広がる海岸です! 写真は四郎ヶ浜ビーチの砂浜で写したものです

四郎ヶ浜ビーチ


天草四郎が上陸したと伝えられることから名付けられた四郎ヶ浜ビーチは、環境省選定の快水浴場(かいすいよくじょう)百選に選ばれています。※利用者数が多い、水質も良い等、選定基準もいくつかあるようですが、熊本県では苓北町の富岡海水浴場、天草市の白鶴浜海水浴場を含めた3つが選ばれているようです。
515mにも及ぶ白砂の人工ビーチで、シーズン中は多くの海水浴客で賑わいます。熊本ではとても人気のある海水浴場の一つです!ビーチの両端にオレンジ色の屋根の建物が2ヶ所ありますが、トイレ・シャワー・更衣室・コインロッカー等が完備されています。シーズンオフの時期はトイレ以外は使用できないようですが、写真奥の建物の横の駐車場が開放してあります。

こちらが開放してある駐車場で、25台程は停められるようです。ビーチを訪れる場合はここが一番近いと思います。

さて、ビーチに下りてみます!

波で貝殻が集まっているラインなどを注意深く見ると、いい感じの貝殻が時々見つかります

小さいですが、擦れ具合で表れる色や模様も面白いものです。

遊歩道やパーゴラも整備されていて、海水浴シーズンはもちろんですが、シーズンオフでも素敵な時間が過ごせそうです。自販機もありますので、飲み物でも頂きながら海や雲仙の山々を眺めるまったりとしたひと時はいかがですか?

さて、小さめの貝殻は四郎ヶ浜ビーチで見つかりましたが、シーグラスは見つけられませんでした。 見つけたのはこちらです!

写真の向こうに見えるオレンジ屋根の建物の所が四郎ヶ浜ビーチなので、ビーチの隣にある自然に近い感じの海岸です。

四郎ヶ浜ビーチの隣にあるありあけオクトパークにあるありあけタコ入道※高さ3m・幅4.5m・奥行2.5mの強化プラスチック製のオブジェ
このオブジェの後ろに先ほどの海岸があります。

砂利の多い海岸なのでいい具合に擦れたシーグラスがあります。

この日はあまり見つからない黄色がありました♥ ここは、干潮時を含めた潮が引いている時間帯でないとなかなか拾えないと思われますので、干潮の時間を調べて行かれた方がいいと思います。

写真左にありあけタコ入道が少し見えています。ここまでは、四郎ヶ浜ビーチの駐車場からものんびり歩いてくることもできますし、道の駅有明の物産館やレストランがある駐車場に車を停めて、歩道橋を渡って行くこともできます。ただし、こちらは道の駅の駐車場ですから、施設の利用もしたい所です!私は今回、海の潮が引くまでレストランでタコ天丼を頂いたりしました! 柔らかくて美味しかったです

今回、かなり久しぶりにリップルランドを訪れました。海水浴はもちろんですが、貝殻やシーグラス拾い、レストラン、カフェ、物産館、温泉、絵馬での願掛け、記念写真、展望台…etc.素敵な過ごし方が満載ですね
今回書けなかったリップルランドの魅力的な情報は、別の記事でご紹介してます。➡ リップルランドを訪ねて!

アクセス
熊本市内方面からは、松島有料道路に入り、松島有明道路の終点を右折します。200m程で道の駅有明/リップルランドの看板歩道橋があります。そこを案内に従って右折です。※ちょうど上の歩道橋が写っている写真の所を右折です。右折せずにそのまま500mほど進んだ左側には四郎ヶ浜ビーチの駐車場があります。
松島有料道路を使わずに、松島町からずっと国道324号線を進んでもOKです。※ありあけタコ街道を通る経路
また、324号線の途中で米の山ICから松島有明道路に進んでもOKです。※この場合も無料です。
※少しわかりにくいですが、天草5号橋を渡った辺りから道の駅有明の近くまで自動車専用道路(松島有料道路+松島有明道路)が走っていて、有料区間があるということです。(松島有料道路3.3㎞:有料 + 松島有明道路10㎞:無料)帰りも下の地図のループの信号の所、上津浦ICから乗って米の山ICで降りれば松島有明道路の10㎞は無料です。※松島有料道路は普通車で200円のようです。他の車両も含め事前にご確認ください。

Map