熊本の桜に誘われて①…熊本市 立田山・保田窪放水路 周辺

2019年は、九州で一番遅い桜の開花宣言となった熊本ですが、水上村の市房ダムや熊本城での満開の知らせを始め、各所も満開状態になっていきました🌸 古来より愛されている桜は、道沿い、川沿い、公園や様々な施設にもたくさん植えられていて、誰にでも自分のお気に入りの桜のスポットがあるのではないでしょうか? 今回は、熊本市の桜スポットをご紹介します❣

立田山

立田山配水池


正確には配水池前の広場の桜になります。立田山配水池前手洗所駐車場から見た桜です! ※駐車場はあまり広くないのでご注意ください!

奥まで続いています! ※早朝に撮ったので日が低く、影が多くてすみません💦(2019.3.31撮影)

満開間近といった感じです奥が少し広くなっています。 敷物が敷いてあったのでお花見でしょうか?

熊本市街や金峰山も見渡せます
アクセス
県道337号線(旧57号線)沿いの熊本大学北門の近くの角を立田山の方に曲がって行くか、万石通りの朝日野病院の所から立田山に登っていく道があります。2つの道はつながっていて、それぞれ上って行くと配水池の入り口辺りで出合う感じです。
★Map

立田山万石池(まんごくいけ)周辺


万石池は立田山憩いの森(お祭り広場)に向かう途中にある池です。立田山憩いの森管理センターへの矢印を右折してすぐに砂利の駐車場があります。※駐車場から万石池(奥)方向(4.1撮影)!もうほぼ満開です。

万石池の岸沿いのしだれ桜も色のコントラストがキレイです!(3.28撮影) ※こちらは少し早く咲き始めるようです!

万石池の奥のお花見広場周辺(4.1)! この日も多くの方がお弁当を広げたり、散策されたりしておられました。アスレチック等もあるお祭り広場の方にもさくらはありますが、お花見広場の方がたくさんあります。また、管理棟へ向かう途中の広場にも桜がありますのでそちらもおススメです!

先ほどの砂利の駐車場から管理棟へ向かう道! 右の一段上の所に広場があります。もう満開状態ですので、少しでも長く見られるといいのですが…。
アクセス
いくつか行き方がありますが、北バイパスのうどんのウエストさんがある所(歩道橋もある所)から、龍田西小学校の方へ上がっていく道が比較的広い道で行けると思います!上がっていく途中にも桜並木がありきれいですよ

北バイパスから上ってきて突き当りを左折すると、上の写真の四差路があります。ココを右折です!この道を下っていくと左に万石池、右折すると管理棟への道があります。右折するとすぐ左に砂利の駐車場があります。奥に進むともう少し広い駐車場が2ヶ所ほどあります。
★Map ※立田山の万石池を表示しています!

保田窪放水路


長嶺町から水前寺公園方面へ流れる「藻器堀川(しょうけぼりがわ)」の氾濫を防ぐために、水を白川へ誘導する保田窪放水路が作られています。その両岸の桜が中々見事です

上2枚は、東海大学の方から白川方向を写したものですが、実は上流の西原小学校の近く(下の写真)でも咲き誇ります。

ご近所の方にお話をお聞きしたら、これからもっと咲き誇るそうです。(3.31撮影!) 写真中央の建物が東海大学の建物です!
※保田窪放水路は東海大学の敷地やJR豊肥本線の下を通っているようです!東海大学とJR豊肥本線を挟んで両側に桜の川がある感じです
アクセス
川沿いの道は細くて路上駐車もできないようですので、ゆっくり見たい場合は近隣のパーキングを探すか、JR豊肥本線を利用して東海学園前で降りるのがおススメです。※マナーを守って鑑賞したいものです!
★Map ※東海学園前駅を示しています。